地学雑誌
Home ニュース 関係機関からのお知らせ 公開シンポジウム「地質災害研究の最先端と社会実装への取り組み」(終了)

開催報告(英文)が公開されました。

主催:日本学術会議地球惑星科学委員会IUGS分科会
日時:2021年5月26日(水) 13:00~18:00
開催方法:オンライン開催
趣旨: 地震、津波、地すべり、土石流などの地質災害は近年世界各地で頻発している。地質災害科学に従事する者は、地質災害を科学的解明し、その情報を正確かつ迅速に発信することが要求されている。
 日本学術会議IUGS分科会においては、2015年3月に第3回国連防災世界会議においてジオハザード削減にかかる人材育成を目指した国際ネットワーク形成ワークショップ、2015年11月に地球科学の人材育成:防災国際ネットワーク構築に向けた国内連携のあり方についてのワークショップ、2018年11月に「地質災害リスク軽減研究の最先端:地質科学は科学と社会にどう貢献できるのか?」と題した国際シンポジウムを開催した。
 本シンポジウムでは、世界各国で起きた津波、海底地質災害、土砂・斜面災害に関する最先端の科学研究を紹介し、その成果の具体的な社会実装に向けた取り組みを議論する。
案内URL:http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/308-s-0526.html
申込みURL:https://nws.stage.ac/geological_disaster/
締切りは2021年5月24日(月)